« 幸せなモノ | トップページ | チュンチュン会議 »

2006年1月17日 (火)

アイテタから。

会社に行く時にはテンションを上げるために音楽を聞く。
テンションを上げるために顔も上げる。
空を軽く見上げながら、声を出さずに歌う。
人が来ると口を噤むけれど間に合わない事もあったりする。
でも元気になるので止められないのです。

今日も今日とて。
声にならない熱唱の中、15分程のミチノリの最後。
会社の玄関前にそれはアイテイタのだ。
1m四方の穴が。
きっと何かの点検の為に今朝はアイテイタものらしい。
落ちては大変、真ん中には白いビニールの掛かった装置も置いてある。
本格的にやるつもりだ!と。
そのとき。その装置は動き出したのだ。誰もいないのに!え?え?
完全に自分の世界に入っていた私はその場に固まり、ちょっと飛び上がった(らしい)。
動いたのは装置でなく、白髪のヒトだったのだ。
エレベーターで同僚に「飛び上がったでしょ」と言われるまで数人の人に見られていた事にも気がつかず
心臓だけどっきんどっきんさせて、びっくりしていない様子を装っていたのだ。
急に動いてはいけません。ましてや、ちょっとしか見えてないヒトは。
しかしすばらしい白髪でした。

|

« 幸せなモノ | トップページ | チュンチュン会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せなモノ | トップページ | チュンチュン会議 »