« 一週間が過ぎました。 | トップページ | また明日から。 »

2006年5月22日 (月)

招き猫ファミリー

060522

日曜日に福にゃんママさんが来てくれた時に

このぶさいく招きを持ってきてくださいました。

前に同じのを持っているのは伺ってたんですが

まさか小さい子だったとは思わなかったので

驚きました。

この招きファミリーをどのくらいの方が持っているのかな。

|

« 一週間が過ぎました。 | トップページ | また明日から。 »

コメント

福にゃんママ様
先日はお会いできて嬉しかったです。ネットではよくコメントを拝見しているので、なんだか初めてお会いした感じがしませんでした。

『頭の中の猫の飼い方』、お読みいただきありがとうございます。初めて小説を書いて「作家こそ、天職だ」と思ってすぐに本にしてしまいました。予定では今頃は連載を五六本持っているはずなんですが(笑)。注文は無いけど、小説を書くことが好きなのでずっと書いています。一生書くと思います。

ところで、あれをどちらが書いたかと聞かれると、いつも困ってしまいます。と言うのは、確かにたかおが文章を書いていますが、みおがいないと何も書けないので、「共著」だというのがたかおの実感です。ややこしくてスミマセン。やましたさんにも説明不足でした。御免なさい。

ちなみに、あの本の表紙や本文挿絵の猫は、みんなテト社長です!

投稿: たかおとみお | 2006年5月25日 (木) 16時13分

★福にゃんママさん
先日は福図鑑お越しいただきましてありがとうございました。
ゆ~っくりとお話させていただけて、楽しかったです。
ブサ招きまで持って来てもらって、すいません。
でも何だか憎めない奴って感じをかもし出す招き猫ですよね(笑)
小さいのには、本当に驚きましたが。

『頭の中の猫の飼い方』は、たかおと みおさんの
“たかお”さんの方がお書きになったものだと思います。
読み応えありますか?活字苦手な私もチャレンジしてみようかな。

投稿: やました | 2006年5月24日 (水) 09時16分

マイ、ぶちゃまねき=真ん中に入れていただいて・・・・
恐れ大でございます!
あ”~~~箱庭で分析してもろたらよかった。相当変になってきてるかも?私も頭に猫飼ってるほうで・・・・
頭の中の猫の飼い方=あれは、どちらがかかれたものでしょうか?
いっぺん読んだんですが、にゃかにゃか難解、何回か読んで
みますよみごたえあっておもしろいです。

投稿: 福にゃんママ | 2006年5月24日 (水) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一週間が過ぎました。 | トップページ | また明日から。 »