« はるひ。 | トップページ | 初春のお慶びを申し上げます。 »

2008年12月29日 (月)

再びの。

私ももう一回会いたかった。
あの街の
あの香り。

青春18きっぷはすてきなチケットです。
やましたと私を含む4人で
今日は
福井県は敦賀に行きました。
JRの新快速で乗り換えなしで
敦賀まで行けるのです。

何故に敦賀か。
そこに
「ソースかつ丼」があるからです。
12時前に敦賀駅に到着、
そのまま地元では絶大な人気を誇る
「ヨーロッパ軒」へ。
昨年初めて出会い
はまってしまったのです。
とんかつとささみフライとミンチカツを
特製ウスターソースにくぐらせて
たっぷりの丼ごはんに乗せるという
極めてシンプルな茶色と白のハーモニー。
すこし甘めでスパイシーなソースの香りと
福井米の粒だったごはん。
とにかく機会があったら食べてください。
ほんとに美味しいから。

おなかいっぱい味わって
街の大通りを行きつつ
コーヒー屋さんを探します。
目指すは純喫茶。
ちょっと店先のサンプルが月日を感じさせる
そんなお店に入りたい。
そして出会いました。
「ゆのくに」
店の入り口から中が見えないくらい
店内は薄暗く
入り口の看板にはなじみのないコーヒーのメーカー。
「味の焦点珈琲の名門 チモトコーヒー」
そそるじゃないですか。

H081229

おそるおそる中に入ると
古くて素敵なオレンジとも茶色とも言えない照明と
テーブル型のゲーム機が現役で活躍する
まさに純喫茶!
ソファの固さが心地いい。
メニューだってすばらしい。
カルピスをコーラで割る「キューピット」
昔懐かしい「ミルクセーキ」
大阪とはちがう牛乳を使わない「ミックスジュース」
一度も聞いた事のない敦賀名物「トンチャン」
これはメニュー表からトンカツチャーハンでは?
と推察しましたが謎のままです。

私はミルクセーキを試みました。
やや薄口の、でも思わず口元がほころんでしまう
懐かしの味でした。

その後、夕方近くに敦賀を出て
もう一カ所降りようと画策。
辺りも暗くなってきたので
京都へ降りました。
時間ももう7時頃だし、甘いものもほしい。
という訳で
伊勢丹の都路里へ。
四条河原町ではいつもすごい行列で
あきらめていた都路里に
ほとんど待つ事なく入りました。
パフェもあんみつも美味しい!
みんな並ぶわけだなあ。
お茶屋さんだけあって、抹茶モノは
間違いないですね。
このためにもう一回伊勢丹に行きたい。

1杯の丼のために福井に行き
甘いもののために京都に行く。
なんて贅沢な一日。

|

« はるひ。 | トップページ | 初春のお慶びを申し上げます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はるひ。 | トップページ | 初春のお慶びを申し上げます。 »