« 暖かなモノ。 | トップページ | はるひ。 »

2008年12月 7日 (日)

それでもがま。

この夏くらいから
フエルト作家の大坪桜子さんに
やましたと共にアトリエにお邪魔しては
フエルトを作らせてもらっています。 
 
アトリエのある奈良は
昨日の最低気温がマイナスを記録した場所も
あるとかで
今日もぴりぴりとする寒さでした。

いつもなら
「アポロ」さんでパンを買って向かうのですが
今日は残念ながらお休み。
駅前にあるもう1件のパン屋さんで
いい薫りのする美味しそうなのを
4つ(も!)選んできゃあきゃあ言いながら
向かいます。

今日はさらにもう一人
生徒さんが一緒です。
とても楽しい人柄の
とても初対面とは思えないくらい
一緒に笑って下さる素敵な方です。

先日
大坪さんに買ってきて頂いた口金を使って
がまのバッグを作りたかったのです。
大坪さんともう一人の方と私の3人が
がまバッグを、
やましたが手袋です。

同じ型紙から作ったと思えない
それぞれのカタチ。
それ以上に個性的な色使い。
フエルトは本当に面白い。

私の作ったがまは
大好きな水色と柔らかな橙の
金魚鉢のようなバッグになりました。
やましたの手袋は
まるで夜の空を
切り取ったような
深い紫と青の美しい作品に仕上がりました。

さあこれを持って
どこへ行こうかなあ。

|

« 暖かなモノ。 | トップページ | はるひ。 »

コメント

smile
ほんと、がまぐちいろんな出来上がりでしたね。
最終仕上げ御苦労様でした。
ありがとうございます。

郡山はおいしいパン屋さんがありますので、早々、ジェラートのおいしいところもあるようです。
また。来月おあいできるのをたのしみにしておりますよん。

投稿: 小梅 | 2008年12月17日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かなモノ。 | トップページ | はるひ。 »