« これぞ。 | トップページ | もはや。 »

2009年12月25日 (金)

分かってしまう。

少しばかり寒さの緩んだ
クリスマスの夜。

ダンススタジオの発表会にゲスト出演する
ベリーダンスを見るために
友人とお初天神へ。
大好きな女優さんがダンサーとして出演されるので
それがどうしても見たくて。

今日の目的であるところのベリーダンスは
見るのは初めて。
肉感的で
柔らかで
しなやかで。
女性の体があんなに艶かしく
曲線が美しいなんて。
女性の体は
鍛えられた肉体美だけではなくて
その筋肉をこれ見よがしに見せず
筋肉にふっくらとついた脂肪が
どれほど素晴らしい曲線を生み出すものか。
目を離すことができませんでした。
美しい。

それと。ゲスト出演されたのは
HIPHOPとレゲエダンスの発表会だったのですが
人間の身体能力には驚くばかりです。
小学校にも上がっていない子も
それはそれは素晴らしい。
年数が増えるにつれ、できる事が増えて
魅せる事ができるようになってきて
エンターテイメントとして成立していく様子は
全く知識のない私でも
見ているうちに感動してしまいました。

その中で
出てくる度に気が付くと目で追ってしまう
ダンサーがいました。
彼女は
他のダンサーとは明らかに違うのです。
動きがどうとか、そういう事ではないようなのです。
今舞台にいるコト
今ここで踊っているコト
そしてなにより
ダンスそのものが
好きで好きでたまらないコトが
今そこにいる
他のダンサーの誰よりも
伝わってくるのです。

たった一度見ただけなのに
そしてたぶんもう二度と見られないけれど
伝わってしまう。
初めて見る人にも
「好き」のパーセンテージは
はっきりと分かってしまうのだと
改めて感じました。

楽しまないと。
好きでいないと。

|

« これぞ。 | トップページ | もはや。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これぞ。 | トップページ | もはや。 »