« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

風向き。

昨日の湿気から
少し解放された夜。
遠くから風鈴の音が聞こえています。
微かに鼻先を通る蚊取り線香とともに
いつになく
夏の匂いがしています。

とても静かな夜です。
機械に頼らなくても今日は過ごせそうです。
よい風が
窓の近くのたくさんの布をかすめて
部屋を巡り
向かいの窓に抜けて行きます。
小さな灯りだけにして
「草迷宮」を
読む事にします。

もしかすると
白濁した水の流れと
草いきれの匂いと
遠くに百鬼夜行が聞こえるかもしれません。

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

雨。

よく降るなあ。

いい音がしています。
屋根をたたき
窓を打ち
強く
弱く
雨音がしています。
傘に落ちる雨の音も
閉じ込められているようで好きです。

今日は一日家にいて
久しぶりに
部屋を作業場から人の住む部屋に戻して
音楽もなにも聞かないで
本を読んでいました。
雨だし
借りている本が溜まっているし
最近ちゃんと本を読んでないし
読んでる途中の午睡も素敵だし。

気が付くと
雨のせいか時間のわりに
薄暗くなっていて
おなかの辺りが暖かでした。
猫が私の上で
同じように伸びています。
雨音は遠く
本は
伸ばした手の先で
ページを開いて落ちていました。

やっぱりちゃんとは読めていないみたいです。
湿度も
幸福度も高いお休みの日です。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

からっぽ。

お昼間の用事が終わって
ちょうど帰宅時間と重なった夕方。
する事がいろいろあって
優先順位をぼんやりと考えながら
入ってきた電車に乗り込みました。

車窓には
遠くの
川の上に
石鹸を固く泡立てたような
なんだかすごい積乱雲があって
目が離せずにいました。
左の方から
快速電車が
私の乗っている電車を抜いていきます。
行き先がなく
回送でもない
快速とだけ表示されたからっぽの電車でした。
走っても走ってもからっぽでした。

帰宅時間にぶつかっても
からっぽの電車は走るコトがあるんだなあと思いながら
もっとよく見たら
小さい小さいおじさんとか
見えたのかもしれないとも思って
少し笑いました。


| | コメント (0)

2010年7月22日 (木)

天国。

つくりモノの材料を探しに
久しぶりに江坂に行きました。

東急ハンズはいつでも私の味方だと
信じて疑わなかったのに。
いまや黄色いあの店のようになっており
クラフトのコーナーの小さい事。
そういうコトになっていたのか。
少し残念。

でも江坂には
もうひとつ味方があるのです。
大塚屋。
1階から5階まで布で埋め尽くされた
それはそれは素敵な手の届くシャングリラ。
目指すモノは斯くて見付かり
エスカレーターを降りる足取りも軽く
さて後は帰宅するのみ、と思った時でした。
出口近くの
左側。
柔らかな感触の空気の溜まるところ。
赤い札がきらきらと。

たくさんのダブルガーゼ!
素敵な柄ゆき
美しい発色。
つくりモノのお買い物である事は
よくよく分かっているのですが
見てしまったんですもの。
我慢して我慢して
30分だけ見て
きれいなコバルトブルーのギンガムチェックを5メートル
あとでよく見たらカタツムリだった
薄いオレンジと水色の巻き柄を4メートル
どちらもあるだけ買いました。
他のガーゼも
これが終われば、と言い訳して
お迎えに行く事を決意して
帰宅の途につきました。

ああ。いいお買い物でした。

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

はやい。

気が付くと
近くの公園で蝉の声が
まだ小さいけれど
聞こえていました。
もう7月でした。
ずいぶんご無沙汰してしまった。

モノをつくるコトが難しいと
知っていたように思う。
今またそれを感じているところ。
近頃触っていなかった大きさに
挑戦中です。
難しいけど
やっぱり楽しい。
一人でくすくす笑いながら
作るのも楽しいけれど
だれかの力を借りて
意見を聞いて
だれかに合わせて
つくるのもやっぱり楽しい。
きっと
つくるコトの原点がそこだったから
なのかもしれません。

気に入ってもらえるモノに
なるといいな。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »