« 天国。 | トップページ | 雨。 »

2010年7月27日 (火)

からっぽ。

お昼間の用事が終わって
ちょうど帰宅時間と重なった夕方。
する事がいろいろあって
優先順位をぼんやりと考えながら
入ってきた電車に乗り込みました。

車窓には
遠くの
川の上に
石鹸を固く泡立てたような
なんだかすごい積乱雲があって
目が離せずにいました。
左の方から
快速電車が
私の乗っている電車を抜いていきます。
行き先がなく
回送でもない
快速とだけ表示されたからっぽの電車でした。
走っても走ってもからっぽでした。

帰宅時間にぶつかっても
からっぽの電車は走るコトがあるんだなあと思いながら
もっとよく見たら
小さい小さいおじさんとか
見えたのかもしれないとも思って
少し笑いました。


|

« 天国。 | トップページ | 雨。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天国。 | トップページ | 雨。 »