« お月さま。 | トップページ | そして。 »

2010年9月28日 (火)

山の上。

9月26日にドレスリハーサルが終わり
翌日は目が覚めると
昼過ぎになっておりました。

そのおかげか
友人との約束を今日は果たせました。
三輪山に行く事。
朝8時にJR桜井駅に降り立ちました。
大阪ではやんでいた雨が
奈良ではまだ残っていて
まるで
薄いガーゼをくぐるように
霧雨が降る中をゆっくりと
大神神社に向かいました。

そこから
三輪山に登る
登拝口がある狭井神社へ。
鳥居までの階段を進むうち
こちらへ
向かってくるように
覆いかぶさるように
三輪山が迫ってきていて
少し足が竦みました。

まだ霧雨はさらさらと落ちていて
音のしない雨に
背中を押されて
三輪山に入りました。
驚くほど静かで
空気の濃い場所。
濡れて艶やかに光る木の葉も
霧雨でできた繊細なレースの蜘蛛の巣も
岩肌も
木の根も
今にも動き出しそうに見えます。
頂上に向かうにつれて
だんだんと空気が冷たくなり
体から湯気が上がります。
三輪山は
思った以上に険しく
荒々しく
こちらの気持ちを試されているのでは
ないかと思う事が何度もありました。

頂上近くになって
ようやく空が明るくなり始め
一番上にあるお社に参り
さらに奥にある
奥津岩座に参って下山しました。
松の葉の先にできた露の玉が
不思議な事に金と銀に光っていました。

そのあと。
友人がどうしても見せたいと
狭井神社の少し下にある展望台へ
連れて行ってくれました。
そこからは
大和三山が一望できました。
荒い稜線の山々の前に
畝傍山、香具山、耳成山があり
雲の切れ間から
陽光がまっすぐ耳成山と畝傍山に差していて
少しのあいだ動く事ができませんでした。

心は
何かは分からないけれど
たくさん詰め込まれた感じで
軽く、重く、すっきりとしているようにも。
足は
爆笑です。


|

« お月さま。 | トップページ | そして。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お月さま。 | トップページ | そして。 »