« 昨日の代償。 | トップページ | 福図鑑 わ »

2010年10月26日 (火)

週末の。

今月は行きたいところへ
ココロ赴くままに行く月間です。
我慢しないぞ。

22日夜から25日の朝にかけて
東京に行ってきました。
大好きな下北沢に行くため。
そして美術館にも。

何年かぶりの新幹線。
今は表示もカラーになっているんですね。
ちょっと驚きました。
101022_1642001

品川に着いて
そのまま下北沢へ。
妹夫婦と久しぶりに会い深夜まで話しました。
力強く
ぶれずに前を見つめ続けるふたりなので
いつもその力を分けてもらっています。

23日は
もちろん一日中、下北沢でお散歩です。
目的はなくて
好きな店を覗き
路地を入って迷い
懐かしい面影を探す。
日差しはまだ強い瞬間があるものの
吹く風が少し冷たいような一日。
お昼前からお散歩開始。
古本屋さんで2冊購入して
ランチは妹おすすめの洋食屋さんで。
牡蠣のホワイトグラタンは
すばらしく美味しかった。
この町を歩いていることが
楽しくて
とにかく歩き回りました。
その途中
よく通っていたカフェで一休み。
P1020884

24日は渋谷で2つ美術館へ行きました。
まずは
浮世絵太田記念美術館。
ハンブルグ美術館展でした。
出展数も多く見応えがありました。
手仕事の細かさも
色使いの多さも
その鮮やかさも
驚かされることばかりでした。
描かれる題材は
思いのほか身近な事が多くて
くすくす笑ってしまうものもありました。

遅いランチをはさんで
岡本太郎記念館へ。
常設展示と「街のなかの太郎」と題して
各地にある壁画、オブジェを
スライドで展示していました。
すでに現存していないものも多く
今となっては写真のみで
見る事ができるだけの作品もありました。

強烈な力強さと
その間に垣間見える優しさが
迫るように
包まれるように
感じられました。
なにより驚いたのは
館内のどの作品も
携帯電話やカメラで撮影可能という事。
岡本太郎という人の信念が
息づいている事に感動しました。

記念館の庭と隣接するオープンカフェで
余韻を楽しんでいると
P1020904
危うかった曇り空から雨が落ちてきました。
庭先には
オブジェがいくつもあって
それが次第に雨に濡れて
光り出しました。
陽の光のなかで見る作品とは
また違った趣きがあって
目が離せませんでした。
P1020902

東京にいる間
ずっと一緒にいてくれた妹とも
大人になって
こんなに話した事があったかと思うくらい
話しました。
自分の道を邁進している人の言葉は
今の私には
道標になる。
尊敬できる人が近くにいることは幸せです。

たくさん
もらって
詰め込んで
指の先まで
幸せになって帰ってきました。
行ってよかった。

|

« 昨日の代償。 | トップページ | 福図鑑 わ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の代償。 | トップページ | 福図鑑 わ »