« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

大事なモノ。

雨が降るのは
ひりひりと乾いた空気に
まるで
雨粒が吸い込まれるように思われて
今朝はとても気持ちよかった。

一日家の用事をして
夜に大阪へ出掛けました。
友人に
アトリエに置くステレオ的なものを
一緒に選んでもらうのです。
彼は本職の音響さんで
いつもお世話になっているのです。
いろいろ聞きながら
小さなめなのに決めました。

その後
もうひとりの友人も合流。
とても久しぶりの3人でのごはんです。
もう15年ほど前からの友人たち。
会う度に
笑って
喋って幸せな気持ちになります。
ずっと
ひとつのコトを続けている二人。
話していると
自分を振り返らずにはいられません。
こんな友人がいてくれる事が
私にとって
何にも代え難い
大事なモノなのです。

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

そんな筈は。

暖かな陽気が続いています。
お天気は
すっかり晴れているわけではないけれど
体のみならず
心も
脳も
ゆるゆるとしているようです。

確かに
最近は電車に乗るコトは少なくなりました。
なんだったら
お得に乗り放題を利用することだってできます。
しかし。
今週はいけません。

火曜日のこと。
看板の材料や値段の確認に行った帰り。
地下鉄の駅のホームへ
階段を駆け下りながら
電車が入ってくるのを確認しました。
よかった、間に合った!と
ほっとしている間に
次の駅に到着しました。
ふと見ると
止まっている向かいの電車の行き先には
私が乗っている筈の方向が書いてあります。
「あれに乗らないといけないのでは?」
すぐに降りて向かいの電車に乗ろうとしましたが
間に合わず。
顔の20㎝先で
ドアは閉まりました。

そして今日。
最寄りの駅から乗った電車は
途中で乗り換えが必要でした。
乗り換えないと地下に入って違う駅に行きます。
まっすぐ地上を走るほうへ乗らなければ。
その駅に着き
同じホームの向かい側の車両に乗り換えました。
2分後。
あり得ない車窓に。
地下に潜る訳がないのに。
そうです。
乗り換えて、
乗り換える前と
同じ方へ行く電車に私は乗っているのです。
戻っていいのか
このまま乗っていていいのかも
判断ができないまま
暗いトンネルで
目の前が真っ白になりました。

ときどきは
電車の練習しないといけませんね。


| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

ご報告です。

「アトリエとギャラリー 晴空(ハルソラ)」
オープンの日が決まりました。

3月3日です。

暖かな空気に包まれ始めて
それでも時々冷たい風が吹く
そのなかに
春の薫りが頬をかすめる
雛祭り。
晴空にも春の薫りが
陽の光と一緒に入ってきてくれる事を願っています。

そして、その週末。
アトリエとギャラリーをご覧いただけるよう

「初晴ノ茶話」をいたします。

お茶などご用意しておりますので
この空間を楽しんでいただいて
ゆっくりお話しができると幸せです。
ぜひぜひお越しください。

「初晴の茶話(ハツハルノチャワ)」
3月5日(土)、3月6日(日)15時〜19時

お待ちしています。

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

久しぶりの。

車で出掛ける用事は
あきらめました。
大きな雪の塊が
閉まった窓の
こちらからでも分かるくらいに
落ちてきています。

久しぶりの積雪。
冷たい2月。

110214_1656001

110214_1656002


| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

うみと。

帰省していた妹が
本日帰宅。
初めて神戸空港に車で行きました。

ここのところ
雪がちらつくほどに寒く
今日も雪はないものの
かなり冷え込んでいます。
出発の時間が朝7時というせいも
多少はあるかもしれませんが。

道すがら
今回の帰省中に起きた様々なことを話しつつ
神戸大橋を渡るまでは順調でしたが
橋のたもとには
神戸空港への表示がありません。
後続車があったため
勢いで直進しましたが
行けども
飛行機のマークも空港の表示も見付からず
かてて加えて
私は方向音痴。
東京の暮らしが長い筈の妹が
花鳥園に向かうといい筈!と
教えてくれて
どうにか軌道修正できました。

ようやく辿り着いた空港で
車を降りると
海から吹く風は
市街地のそれとは
比較にならないほどの
冷たさと鋭さでした。
搭乗時間まで
コーヒーを飲んで
これからのコトをお喋りしました。

出発ロビーから
妹を見送るとき
胸の奥が
少しだけ
きりっと音がしました。

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

とうとう。

昨年末から少しづつ準備をしてきた「晴空(ハルソラ)」。

今日、元町・栄町のあの場所が

私のアトリエになってくれるために

「鍵」がやってきました。

これからここで

たくさんの布とたくさんのボタンと一緒に

たくさんの時間を過ごしていくのだと思うと

とても幸せです。

そして。

晴空のブログができました。

こちらには今進行中の作業風景なども

書いています。

よかったら覗いてみてください!

| | コメント (7)

2011年2月 6日 (日)

こちらも。

立春から少し緩んだ冬の空気。
ベランダに出て
見上げると
不安なくらい
すっきりとした青空が見えます。

晴空の準備のため
東京から妹が帰省してくれました。
彼女は
とてもパワーに溢れていて
一緒にいると
だれよりも刺激を与えてくれる存在です。
アトリエに本格的に手を入れるのは
来週からになるので
いろいろ相談に乗ってもらうべく
少し早めに帰ってきてもらいました。
久しぶりに
姉妹で話し込んでいると
まるで
ずっと一緒に暮らしていたのではないかと
思うくらい
様々なトコロが似ていて
不思議です。

そんな話しの中で。
我が家の不便さが話題になりました。
アトリエもさることながら
自宅の諸々も見過ごせない。
ならばこの際(どの際?)
自宅も改造しよう!
という事に。
月曜日からは
こちらも手を入れる事に相成りました。
戦々恐々です。

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

かぶる。

お昼間の暖かさが
なんだか早い春のような2/3。
恵方を向くには
最高の陽気です。

1月の終わりには
近所のお寿司屋さんにお願いしていた
巻き寿司を夕方に受け取りに行きました。
カウンターには
たくさんの
同じカタチの包みが
お名前を付けて
それぞれのお迎えを待っていました。
お寿司屋さんお疲れさまです。

無言で食べるのは難しい。
それでも
家族の健康を願って
1回
喉につっかえたけど
ちゃんとかぶりました。
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »