« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月 1日 (日)

嗚呼。テレヴィジョン。

P1020666

福図鑑から
はや2ヶ月。
ずいぶんご無沙汰しています。

しかしながら
書かずにはいられないことが...。

うすうすこんなことになるのを
予感はしていたのです。
家の一番若手の猫のこと。
彼女にとって
それは
本棚のすきまに飛び込むための
踏み台であり
窓枠に乗る通路であり
お姉さん猫たちに襲いかかるための
見張り台でありました。

そこから
夫々の場所に移るたびに
それは
揺れ、震え、つんのめっていました。
その度に
「こおおらあああー」と
私は声を上げていたのです。
近所では
夜8時頃になると
いずこからともなく低く大きく
その声は聞こえていたはず。

そんな6月26日。
事件は起きたのです。
その日彼女は
本棚のより高みを目指したのでしょう。
踏み台で
奇跡の跳躍を見せたのです。
そしてそれは
いつもより多めにつんのめったのでした。
それも
ま・え・に。
ゆっくりと倒れるそれを
私は支える事もできず
みているしかありませんでした。

少し経って
そっと起こしたそれには
画面がありませんでした。

嗚呼。
大事に使えば10年以上とかもつというテレヴィジョン。
私の部屋のそれは3年の寿命でした。

ちなみに。
昨年はリビングのそれを
別の猫が
桃の花を飾っていた花器ごとテレヴィジョンの上に倒し
液晶が真っ黒になりました。
私が帰宅した時には
すでに事は起こっており
見える筈もない画面を両親がじっと眺め
遠くでラジオの音がしていたことが
まるで昨日のことのように
思い出されます。

来年は
テレヴィジョンを買わずにすみますよう。

P1020667

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »